受講資格

年齢
満17歳9ヶ月以上(2級・特殊小型は15才9ヶ月以上)
視力
両眼とも矯正で0,6以上。
(一眼が矯正しても0,6未満の方は、他眼の視野が150度以上あること)
聴力
両耳で5mの距離で話声語を弁別出来ること。(補聴器使用可)
弁色力
夜間において船舶の色(赤緑白)を識別できること。
(弁色力に心配のある方は、ボート免許センターにお問い合わせください)
その他
身体検査基準に合致していること。

1級小型船舶操縦士

ボートの
大きさ
総トン数20トン未満
プレジャーボートは長さ24m未満
航行区域
全ての水域
取得年齢
満18歳以上
種類の説明
小型船舶の最高ランクに位置する免許です。
国家試験の内容にGPS航法や流潮航法が含まれた、難易度が高い試験です。大型ボートでの外洋釣りやヨットで外洋を目差す人は是非チャレンジしてください。
※水上オートバイは操縦できません。

免許料金 120,000円

お問い合わせはこちら

2級小型船舶操縦士

ボートの
大きさ
総トン数20トン未満
プレジャーボートは長さ24m未満
航行区域
平水区域及び海岸より5海里以内
取得年齢
満16歳以上
種類の説明
沿岸区域で20トン未満の船を操縦できる免許です。
海岸より5海里以内の水域での釣りやクルージングを楽しみたい方、海への入門ボート免許として最適です。
※水上オートバイは操縦できません。

免許料金 95,900円

免許取得の流れ

お問い合わせはこちら

2級小型船舶操縦士(湖川小出力限定)

ボートの
大きさ
総トン数5トン未満
出力20.4馬力未満
航行区域
湖、川及び指定区域
取得年齢
満16歳以上
種類の説明
湖や川及び指定された区域に限定したフィッシングや水遊びに適しています。
試験も受けやすく、遊びが限られている方にはこの資格でも楽しむことができます。
※水上オートバイは操縦できません。

免許料金 49,200円

免許取得の流れ

お問い合わせはこちら

特殊小型船舶操縦士

ボートの
大きさ
水上オートバイ
航行区域
湖、川及び陸岸より2海里
取得年齢
満16歳以上
種類の説明
水上オートバイ専用の免許です。
学科ではマナーやマリンのルールの基本学び、実技は実際に水上オートバイを操縦して試験に臨んでいただきます。
※ボートは操縦できません。

免許料金 59,000円

免許取得の流れ

お問い合わせはこちら

免許証更新・失効再交付

更新期間は有効期限の1年前からです。(受講はその3ヶ月前でも可)
更新を忘れて免許証が失効した場合や、船舶に乗船しないために更新をしなかった場合 など、再び免許証の交付を受けるには失効再交付講習を受講します。
日程に関してはお問い合わせください。

※注意事項
  • 講習後、新しい操縦免許証が交付されるまでの間は船長として乗り組むことはできません。
  • 講習日から1週間以内に有効期限となる場合は期限内であっても失効講習またはその他の手続きが必要となる場合があります。

必要なもの

写真例

  • 受講等申込書
  • 操縦免許証または海技免状のコピー
    (裏面に記載のある免許証および更新印欄のある
  • 海技免状は裏側もコピー)
  • 写真2枚 ※画像参照
  • 住民票(本籍地記載のもの)
    ※旧海技免状から操縦免許証へ切り替わる場合のみ
  • 委任状
  • 料金
  • 認印

料金表

  更新 失効
受講料 4,160円 9,160円
身体検査料 840円 840円
交付手数料
(印紙)
1,350円 1,250円
発送料 250円 250円
海事代理士
手数料
3,360円 3,360円
合計 9,960円 14,860円

追加書類が必要なケース

【氏名、本籍に訂正がある場合】
  • 氏名または本籍の変更を証する戸籍抄本または住民票(本籍地記載のもの)
【住所に訂正がある場合】
  • 住民票
    ※居住地の変更ではなく市町村合併等の行政による住所変更のみの場合は、市町村が無料で発行する変更証明書で可。
【操縦免許証または海技免状の紛失】
  • 顛末書
  • 身分証明書の写し
    ※自動車運転免許証、パスポートなど

紛失等による再交付のみを受ける方

更新講習受講時に必要な書類と同じですが、写真2枚のうち1枚は不要です。
免許証のコピーがない場合は不要です。

再交付料金 4,860円

お問い合わせはこちら